読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

イシイチコログ

近況と雑記

最悪で最高の夫婦

『ゴーン・ガール』は陽気な猛毒というか、笑いながらメッタ斬りにされるというか、どす黒いのにとても楽しいミステリだ。

ニューヨークで雑誌のライターをしていたニックとエイミー。出版不況と電子書籍の隆盛によって職を失った夫婦は、2年前からニックの故郷ミズーリで暮らしている。結婚5周年の記念日、エイミーは行方不明に。家には争った跡があり、ニックが妻に危害を加えたのではないかと疑われる。ニックが語る失踪事件の経緯にエイミーの日記が挿入され、それぞれの秘密があらわになっていく。挫折した文化系夫婦の結婚生活地獄変

おもしろいなあと思ったのは、エイミーの生い立ち。エイミーの両親は『アメイジング・エイミー』という人気児童文学シリーズの著者だ。物語の中のエイミーは完璧な娘。現実のエイミーができなかったことを簡単にやってのける。〈児童心理学者なのに、作品を通じて自分の子どもに受動的攻撃を加えている〉父と母の夫婦関係について、エイミーが書いていることが興味深い。

険悪な雰囲気になることも、とげとげしい言い争いをすることもない。つながりあったクラゲみたいに、一体化して人生を歩んでいる――無意識に拡大と収縮を繰り返しながら、液体のように互いの隙間を埋めている。ソウルメイトでいることなんて、いとも簡単だというみたいに。

 結末までたどりついたとき、エイミーとニックは両親とは全然違う方法でソウルメイトになったんじゃないかと思った。とんでもない方法だけど、赤の他人が本当の自分を見せ合うのは、これくらい滑稽で怖ろしいことなんだろう。

で、評判のいい映画を見てきた。


映画『ゴーン・ガール』オフィシャルサイト

ギリアン・フリンが脚本を手がけているせいか、原作におおむね忠実。ロザムンド・パイク演じるエイミーが素晴らしい。ニックは小説よりも少し単純な造形になっている気がするけれども、エンターテインメントとしてよくできていると思う。猫も可愛かったし。カップルで見にきていた人がけっこういたんだが、終わったあとどんな話をしたんだろうか。気になる!

ゴーン・ガール 上 (小学館文庫)

ゴーン・ガール 上 (小学館文庫)

 

 

ゴーン・ガール 下 (小学館文庫)

ゴーン・ガール 下 (小学館文庫)

 

 追記


『ゴーン・ガール』が楽しい理由 - 本の牛

広告を非表示にする