イシイチコログ

近況と雑記

書いた記事、紹介した本

「DRESS」2015年5月号 書評

『元気で大きいアメリカの赤ちゃん』ジュディ・バドニッツ著、岸本佐知子訳(文藝春秋

『狼少女たちの聖ルーシー寮』カレン・ラッセル著、松田青子訳(河出書房新社

『わたしたちはその赤ん坊を応援することにした』朝倉かすみ幻冬舎

週刊金曜日」2015年4月3日号 書評

『海を照らす光』M・L・ステッドマン著、古屋美登里訳(早川書房

「朝日中高生新聞」2015年4月5日号 書評

『エヴリシング・フロウズ』津村記久子文藝春秋

『T・S・スピヴェット君 傑作集 』ライフ・ラーセン著、佐々田雅子訳(早川書房

『世界文学「食」紀行』篠田一士講談社文芸文庫

「日経ウーマン」2015年5月号 インタビュー

『桜の下で待っている』彩瀬まる(実業之日本社

「文芸カドカワ」2015年5月号 対談構成

二村ヒトシの少女まんが夜話」ゲスト:藤本由香里

週刊新潮」2015年4月16日号 書評

『ミスター・ホームズ 名探偵最後の事件』ミッチ・カリン著、駒月雅子訳(角川書店

 「読売新聞」2015年4月13日 短評

『氷』アンナ・カヴァン著、山田和子訳(ちくま文庫

『憤死』綿矢りさ河出文庫

『武曲』藤沢周(文春文庫)

『アメリカン・スナイパー』クリス・カイル著、田口俊樹他訳(ハヤカワ文庫) 

「週刊女性」2015年4月28日号 コメント

『葉桜の季節に君を想うということ』歌野晶午(文春文庫)

『ほんとうの花を見せにきた』桜庭一樹文藝春秋

別冊ele-king『読書夜話』 書評

『白檀の刑』莫言著、吉田富夫訳(中央公論新社

『贖罪』イアン・マキューアン著、小山太一訳(新潮社)

『ブラッド・メリディアン』コーマック・マッカーシー著、黒原敏行訳(早川書房

いちばんここに似合う人ミランダ・ジュライ著、岸本佐知子訳(新潮社)

『オスカー・ワオの短く凄まじい人生』ジュノ・ディアス著、都甲幸治/久保尚美訳(新潮社)

『紙の民』サルバドール・プラセンシア著、藤井光訳(白水社

『わたしの物語』セサル・アイラ著、柳原孝敦訳(松籟社

『青い脂』ウラジーミル・ソローキン著、望月哲男/松下隆志訳(河出書房新社

『フリーダム』ジョナサン・フランゼン著、森慎一郎訳(早川書房

『黄金時代』ミハル・アイヴァス著、阿部賢一訳(河出書房新社

週刊文春」2015年 インタビュー

「新・家の履歴書」中島京子

週刊金曜日」2015年4月17日 書評

『デビュー作を書くための超「小説教室」』高橋源一郎河出書房新社

「ドリームナビ」2015年6月号 書評

『桜の下で待っている』彩瀬まる(実業之日本社

電車道磯崎憲一郎(新潮社)

小説新潮」2015年5月号 書評

『手のひらの幻獣』三崎亜記集英社

『マレ・サカチのたったひとつの贈物』王城夕紀(中央公論新社

https://instagram.com/p/1h4v2oGZC5/

ベランダのチューリップ、咲いた。